RICOH IMAGING

写真にゴミが・・・
イメージセンサークリーニンングについて

撮影した画像のゴミの位置と、撮像素子上のゴミの位置は、上下左右が逆になります。詳しい使い方は同梱の説明書をご参照ください

センサークリーニングの前にまず準備

写真を撮ったら何か写り込んでいたという方もいらっしゃるかと思います。弊社の一眼レフにはダストリムーバル機能がついており、この機能を使うことでゴミを振るい落とすことができます。それでも落ちない場合は、弊社で販売しておりますイメージセンサークリーニングキット O-ICK1の出番となります。非常に便利なアイテムですが、その前に準備をしていただきたいことがあります。

・電源の用意(十分に充電したバッテリー、または専用ACアダプター)
・ホコリの少ない環境と清掃道具を置ける広さの確保
・ブロア

そして何よりも必ずセンサークリーニングキットに同梱の使用説明書をご一読ください。

清掃は周りから順番に

センサーにゴミがついているからすぐセンサー清掃をしたくなるかと思いますが、まずは外装の清掃から始めましょう。外観にゴミがあるとせっかくセンサーを清掃しても、またゴミが中に入ってしまうこともあります。ブロアで外装のゴミ、レンズマウント部のゴミを順番に清掃をします。

ゴミの位置を確認

製品によっては「ダストアラート」機能を活用してゴミの位置を確認することができますが、その機能がない製品や、より確実にゴミの位置を確認する方法として白い被写体を撮影する方法もあります。

センサークリーニングの時に気を付けること

<カメラの操作>

1) カメラ内設定メニュー「センサークリーニング」モードを選択
2) ミラーが上がりシャッター幕も開いてセンサーが見える状態になる

ここでいよいよイメージセンサークリーニングキット O-ICK1を使用しての清掃となりますが、準備の段階でバッテリー容量の確保が必要になります。電池残量が足りないとこのモードに入ることができません。また、電池残量が足りないと途中で終了してしまうことがあります。バッテリー切れの心配がない専用のACアダプターがあると便利です。

センサークリーニング用のスティックは先端が粘着性の材質になっており、そこにゴミがくっついて取り除く仕様です。使用前に添付のクリーニングシートで先端部のゴミを落としてから使用しましょう。またセンサーに押し当てる毎にクリーニングシートでゴミを落として下さい。これを怠るとせっかく取れ たゴミがまたセンサーに付着する恐れがあります。

詳しくは当社で開催しております「デジタル一眼・センサークリーニングの基本」でご紹介しております。ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。




<イメージセンサークリーニングキット O-ICK1 FAQ集>

Q:スタンプ部(オレンジ色の部分)の材質は?
A:特殊なウレタンゴムです。

Q:拭き跡などは残らない?
A:クリーニングスティックのスタンプ部は専用設計の特殊素材を使用しているので、清掃面への短時間の接触であれば跡は残りません。

Q:どれくらいの回数使用できる?
A:付属のクリーニングシート(25層)を使い終わる程度の回数です。クリーニングシートは別売りしませんので、使い終わったら新たにキットを購入し直してください。

Q:経年劣化などはない?
A:普通のウレタンゴムより耐光性・耐湿性に優れているので、きちんとカバーをして保管すれば数年(2~3年)以上は問題なく使用できます。

Q:スタンプ部は水洗いできる?
A:水洗いをしても特に問題はありませんが、水洗いをしなくてもクリーニングシートによる清掃のみで通常の汚れと油分は十分落とせます。

Q:一眼レフのミラーやフォーカシングスクリーンの清掃にも使用できる?
A:ミラーやフォーカシングスクリーンは大変柔らかい材質でできているので、これらの清掃にはオススメできません。サービスセンターまでご依頼ください。

Q:スタンプ部の形状の意味は?
A:角のある部分は撮像素子の角部分、丸い部分はレンズなどの清掃時に使用します。スタンプ部と反対側の柄の端はスタンプ部と相似形になっているので、クリーニング時のガイドになります。

Q:スタンプ部の色の意味は?
A:清掃を行って表面に付着したゴミ・汚れの状態の確認のしやすさ、撮像素子をクリーニングする際にミラーボックスに差し入れたときの視認性の良さなどを考慮し、色を決定しました。

Q:クリーニングシートは別売される?
A:別売りはしていません。クリーニングシートが無くなる程度使用した時点で、クリーニングスティックも寿命と考えて、O-ICK1キットを購入し直してください。なお、クリーニングシートが無くなっても、一般のクラフトテープなどは代用にはならないので絶対に使用しないでください。クラフトテープの粘着材がスタンプ部に移ってしまい、それを清掃に使用するとかえって対象が汚れてしまう恐れがあります。

Q:他社から発売されている同タイプの製品は、「ゴミ取り用」と「油分取り用」の2種類のシートがあるが、本製品はクリーニングシート1枚だけで大丈夫?
A:問題ありません。本製品のクリーニングシートはゴミも油分も同時に取り除きます。またクリーニングシートの粘着剤がクリーニングスティックのスタンプ部に移ったりすることもありません。

Q:使い方のコツは?
A:クリーニングスティックのスタンプ部をセンサーなどの清掃面に1度スタンプしたら、続けてその隣の面はスタンプせずに、必ずクリーニングシートでスタンプ部の清掃を行ってから隣の面をスタンプしてください。清掃面とクリーニングシートを往復させるイメージです。常にきれいなスタンプ部で清掃面をスタンプするように心掛けてください。

Q:ちょっとおいしそうな色ですが、子供が誤って口に入れても害はない?
A:危険物質・有害物質は含まれておらず、毒性はありません。が、決して食べないでください。

Q:ペンタックス製品以外にも使用できる?
A:本製品はペンタックス製品専用です。他社製品へのご使用はオススメしませんし、何かトラブルがあっても弊社は一切責任を負えません(実際には使えてしまいますが。。。)。

リコーイメージングのFacebookより



ページトップへ