RICOH IMAGING

愛機を末永くご使用いただくために
普段のメンテナンスのお話し


メンテナンス作業を行うために十分な広さを確保してください

ブロアーは指先で掴むよりも、しっかり握ると安定します。手の大きさにあったものをおススメします

メンテナンスの前に準備すること

カメラ・レンズは精密機器です。撮影の前後には、メンテナンスの実施をおすすめします。なお、メンテナンスを行う前には、作業環境を整え、メンテナンスの準備をしましょう。「専用の道具が必要なの?」と聞かれることも多いのですが、基本を押さえれば大丈夫です。

・メンテナンス作業を行うスペースを確保する
※機材と清掃道具を置ける広さで、ゴミ・ホコリの少ないところを選んでください
・清掃道具の準備

道具

1)ブロアー
2)刷毛(ハケ)
3)シリコンクロス
※プロのメンテナンスはさらに色々道具を用いますが、上記3点は使用頻度も高いものにとなります。
4)レンズ交換式一眼レフカメラお使いの方はイメージセンサークリーニングキットO-ICK1(Qシリーズは除く)

メンテナンスの流れ

1)基本動作の確認
十分に充電された電池、または専用ACアダプターをご用意ください。ボタン・ダイヤルの動作反応・モニター表示に異常がないか点検をします。

2)外観の清掃
ブロアーで大まかにゴミを飛ばし、細かいところは刷毛を使うと便利です。

3)センサーゴミの確認
ゴミが写り込んでいると良い写真も台無しになりかねません。デジタル一眼レフなら弊社のイメージセンサークリーニングキットO-ICK1が便利です。詳しい使い方は同梱の説明書をご参照ください。また弊社にて「デジタル一眼・センサークリーニングの 基本」のフォトスクール受講をおすすめします。
※それでも取れないゴミがある場合は無理せず弊社修理サービスセンターにご相談ください。

ここでは紹介しきれない内容が他にもたくさんございます。弊社では「デジタル一眼・メンテナンスの基本」のフォトスクールを開講中です。ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。





ページトップへ