RICOH IMAGING

2018年1月31日
皆既月食撮影観測ガイド

 

2018年1月31日(水)に皆既月食が3年ぶりに日本全国で見られます。しかも、見やすい時間帯に起こりますので、観測しやすい月食となります。この機会にぜひお楽しみください。

 
部分月食開始 20:48
皆既月食開始 21:52    
月食最大の食 22:30     皆既月食の継続時間 1時間17分
皆既月食終了 23:09    
部分月食終了 24:12
皆既月食は真っ暗になるのではなく月は「赤銅色」と言われる赤黒い色となって見える

皆既月食とは?

皆既月食は、太陽と地球と月が一直線に並び、なおかつ月が満月の時にだけ起こる現象です。また、月が地球に隠れてしまうため真っ暗になってしまうのでは?と思われますが、実際には真っ暗になるのではなく月は「赤銅色」と言われる赤黒い色となって見えるのが皆既月食です。

皆既月食中の月は赤くなる

月食が進んで月が欠けた部分の割合が大きくなってくると、月の色が次第に赤っぽくなってきます。皆既月食を迎える頃になると、赤銅色ともいわれる独特の色合いに染まります。この美しく赤く輝く月は皆既月食でしか味わうことができません。

これには夕焼けや朝焼けが赤く見えるのと同じ、「散乱」という現象が関係しています。太陽光が地球の大気を通過するとき、波長の短い青色光は散乱してしまいますが、波長の長い赤色光は光を弱めながらも通り抜けることができます。そして、地球の大気を通過した赤色光は大気でわずかに屈折するので、地球を回り込んで月を照らします。そのため皆既月食の月は赤く見えるのです。

月食の観測

月食は望遠鏡のような機材を使わなくても、肉眼だけで十分観測できる天文現象ですが、双眼鏡や望遠鏡を使えば月の表面がはっきり見えてより楽しくなるでしょう。また、星がよく見えるような郊外まで出かけていく必要はありませんので、ご近所で見晴らしのよい場所を見つけて観測してください。

皆既月食を観測するための機材

1.双眼鏡

8倍から十分に観測可能です。高倍率の方が大きく見るには有利ですが、手ブレを防ぐ意味では8~10倍にとどめておく方が無難です。高倍率を使用する際はもちろんですが、それでなくても月食は3時間以上の長丁場となりますので、手持ちで観測するのは大変です。「三脚アダプター」を用意し、カメラ用の三脚に取り付けると、手持ちのときと比べてブレがなく、格段にのぞきやすくなります。

Zシリーズ Sシリーズ Aシリーズ Uシリーズ
ZD ED ZD WP SD WP SP WP SP AD 8x36 10x36 AP 8x30 10x30 Papilio II UP WP UP 8x25 10x25 UP 8-16x21 ZOOM
三脚アダプターTP-3 - - - -
三脚アダプターU - - - - - - -

 

また暗い夜空での観測になりますので、明るい像が映る双眼鏡の方が見やすくなります。明るさを測るスペックは「ひとみ径」です。ひとみ径は対物レンズ有効径÷倍率で表すことができ、天体観測では5mm以上が望ましいと言われています。ただ日中に使用する分には2~3mmで十分な明るさが得られますので、自身のメイン用途を考慮しながら、数値にこだわりすぎずになるべく明るいものを選びましょう。

オススメ機種
AD 8×36 WP、SD 8×42 WPなど

2.天体望遠鏡・フィールドスコープ

月をクローズアップして観測できます。天体望遠鏡は解像力に優れますが、フィールドスコープは天体望遠鏡に比べてサイズが小さいため、持ち運びや取り回しに便利であり、像が正立して見えるのがメリットです。どちらも、月全体が見渡せる倍率で食の進行のようすを観察する、高倍率でクレーターの位置と比較しながら、影が進む速さを確かめてみる、など楽しめます。適正倍率は40~150倍程度。50倍で月全体が視野いっぱいに見え、70倍以上でクレーターや海の凹凸が観察できます。

オススメ機種
PF-65EDII+XF8.5 (倍率46倍)など

APS-Sサイズで450mmレンズを使った場合のファインダーイメージ

3.カメラ

満月は大きいとはいえ、写真に写る面積でいえば意外と小さく感じるものです。コンパクトカメラではズーム効果が足りないことが多く、一眼レフカメラでは200mm以上の望遠レンズを使うのが理想。リアコンバーターを使用すればより望遠が効いて充実した撮影が楽しめるでしょう。どうしても倍率が足りなければ、あとでトリミングを使用して大きく見せることもできます。

満月は手持ちでも撮影できますが、皆既月食前後は暗くなり、三脚が必須。高感度を使いたいところですが、どうしても画質が下がってしまいます。感度を下げて画質の向上を狙い、シャッタースピードを遅くすると今度は地球の自転で月が動いてしまい悩ましいところです。そのため、高感度に強いカメラと明るい望遠レンズの組み合わせが好ましいでしょう。

オススメ機種
カメラ:PENTAX K-1、KP、K-70 レンズ:D FA 150-450mm、DA☆ 300mm、DA☆ 60-250mmなど

☆月の撮影ひと言アドバイス

  1. 撮像素子FFサイズでレンズの焦点距離が450mmなら、月は4.5mmくらいの大きさになります。(焦点距離の約1/100)
  2. 皆既月食前後は暗く、オートフォーカスも反応しにくくなりますので、あらかじめマニュアルでピントを合わせておきます。
  3. 測光はスポット測光を使用し、何回か試し撮りして適切な露出を設定しましょう。
  4. ホワイトバランスは月の色が変化するのでオートではなく「太陽」など固定モードが良いです。
  5. 皆既時には、月の高度は60°を超えます(右腕を伸ばし握りこぶし 水平から6個分の位置)ので液晶パネルが動かせた方(バリアングル液晶など)が見やすいです。

4.ビデオ

部分月食の月は十分に明るいので、星などの天体と違い家庭用のカメラやビデオでも比較的よく写ります。しかし、皆既月食前後は月が極端に暗くなり、高感度、長時間露出で撮影をする工夫が必要です。撮影には、ブレ防止のために三脚に固定するのが基本です。



ページトップへ